日本キリスト教団 東戸塚教会

2017.10.8「忘れるな、主の恵み」

Posted on 2017. 10. 10, 牧師: 藤田 穣

聖書 創世記12章10~20節

12:10その地方に飢饉があった。アブラムは、その地方の飢饉がひどかったので、エジプトに下り、そこに滞在することにした。 12:11エジプトに入ろうとしたとき、妻サライに言った。「あなたが美しいのを、わたしはよく知っている。 12:12エジプト人があなたを見たら、『この女はあの男の妻だ』と言って、わたしを殺し、あなたを生かしておくにちがいない。 12:13どうか、わたしの妹だ、と言ってください。そうすれば、わたしはあなたのゆえに幸いになり、あなたのお陰で命も助かるだろう。」 12:14アブラムがエジプトに入ると、エジプト人はサライを見て、大変美しいと思った。 12:15ファラオの家臣たちも彼女を見て、ファラオに彼女のことを褒めたので、サライはファラオの宮廷に召し入れられた。 12:16アブラムも彼女のゆえに幸いを受け、羊の群れ、牛の群れ、ろば、男女の奴隷、雌ろば、らくだなどを与えられた。 12:17ところが主は、アブラムの妻サライのことで、ファラオと宮廷の人々を恐ろしい病気にかからせた。 12:18ファラオはアブラムを呼び寄せて言った。「あなたはわたしに何ということをしたのか。なぜ、あの婦人は自分の妻だと、言わなかったのか。 12:19なぜ、『わたしの妹です』などと言ったのか。だからこそ、わたしの妻として召し入れたのだ。さあ、あなたの妻を連れて、立ち去ってもらいたい。」 12:20ファラオは家来たちに命じて、アブラムを、その妻とすべての持ち物と共に送り出させた。

 アブラムのうそ

 今日は、ウソで失敗をしたアブラムさんのお話をします。

 先週から、教会学校は、アブラムさん(後でアブラハムと改名)のお話です。アブラムは、神さまに導かれて、カナンの国にやってきました。ところが、この年、カナンでは雨が降らずに、何日も、何日も太陽がカンカン照り付け、畑の野菜や小麦は育たずに、枯れてしまいました。家族が食べる食べ物がなくなり、お腹がペコペコで困ってしまいました。「うーん、どうしよう」悩んだすえに、アブラムは、「しばらく、エジプトに行こう」と決めました。お隣のエジプトの国には、食べ物があるはずです。テントをたたんで、荷物をまとめて、「さあ、行こう。エジプトへ」 このとき、アブラムは、神さまに相談せずに、自分で決めて、サッサとエジプトに出発したのでした。

 やがて、エジプトの国につきました。おおきなナイル川が流れています。岸辺には、緑の木々や草が生い茂っています。これなら、食べ物があるに違いない。しかし、アブラムの心のなかにムクムと心配が顔を出してきました。奥さんのサライのことです。サライは、とても美人でした。「エジプトの人がサライを見たら、お嫁さんにしたいと思って連れて行ってしまうかもしれない。サライの夫のわたしを邪魔に思って殺してしまうかもしれない」そんなことを考えだしたら、心配でたまりません。

 「サライ、お願いがあるのだけど」 アブラムは、サライに「自分の奥さんではなく、妹だとエジプト人に言ってほしい」とうそをつくように頼んだのです。こんなうそ、神さまが喜ぶはずがありません。

 エジプト人はアブラムが思った通り、サライに見とれました。アブラムは、シャーシャーとサライを「私の妹です。」と紹介しました。エジプト王の家来がサライを見て、「王様のもとに迎えたい」ともうしでて、二人は、王様の宮殿にむかえられました。王様は、サライがアブラムの妹だと信じ込んでいたので、アブラムに親切にしてくれました。羊や牛やロバやラクダをたくさんプレゼントしてくれました。しかし、こんなことが許されるはずがありません。神さまは、エジプトの王様の家の人々を次から次へと思い病気に罹らせました。王様は、サライを自分の妃にしようとしたせいで、病気が災いが起きたことを知りました。王様は、アブラムを呼びました。「あなたはわたしに何ということをしたのか。なぜ、あのサライを『自分の妻』だと、言わなかったのか。なぜ、『わたしの妹です』などと言ったのか。だからこそ、わたしの彼女を妃にしようと、宮殿に召しいれたのだ。さあ、あなたの妻を連れて、立ち去ってもらいたい。」とアブラムに命令しました。

 うそがバレたアブラムはとても恥ずかしい思いをしました。エジプトの王様にも迷惑をかけてしまいました。アブラムは、カナンに戻り、最初に、神さまのために築いた祭壇の場所で、神さまを礼拝しました。アブラムは、神さまに相談せず、神さまの御心を求めずに、自分の考えだけで行動して、大失敗をしてしまったことを、心からお詫びしたことでしょう。

 聖書の箴言という書物に、「人を恐れると罠にかかる。しかし、主に信頼する者は守られる」(箴言29章25節)

とあります。

 エジプト人が「自分に何をいうだろうか」恐れたアブラムは、うそをついてしまいました。皆さんも、うそをついたことがありますか?うそをついてしまうとなかなか本当のことを言い出せなくなります。私たちも失敗する弱い者ですが、早くきづいて、謝ってお詫びすることが大事です。 神さまは、サライをアブラムのもとに返し、アブラムは、神さまに「ごめんなさい」と謝り、これからは、こんなことをしませんと誓いました。 私たちは、何があっても、落ち着いて神さまに信頼し、その御心に従って歩みたいと思います。 

 お祈りします。 天のお父さま、私たちがうそをついてしまうようなとき、私たちを守って、「うそをつかない」勇気を与えてください。もしも、うそをついてしまったら、早く気が付いて、謝ることができますように。イエスさまのお名前によって祈ります。 (子どもの礼拝 おわり) 

 何も知らずに出てゆくアブラハム

 先週からの聖書箇所を読みます。12章1節 主はアブラムに言われた。「あなたは生まれ故郷父の家を離れてわたしが示す地に行きなさい。 12:02わたしはあなたを大いなる国民にしあなたを祝福し、あなたの名を高める祝福の源となるように。… 12:04アブラムは、主の言葉に従って旅立った。

 主は、私が示す地、アブラムが見知らぬ地に旅立つにあたって、アブラムを大いなる国民にし、アブラムを祝福し、アブラムを恵むことを約束された。

アブラムは、主の言葉に従って、主の言葉に信頼して旅立ったのでした。 知らない世界へ旅立つということは、人生においてしばしば経験することです。初めて就職するとき、結婚を決断するとき、転職するときなど希望と不安の入り混じった思いを経験したことでもあります。皇太子さまは、民間から皇室に入る雅子様に「ボクが一生全力でお守りします」プロポーズしたと云います。アブラムにとって、神さまの約束、祝福が頼りでした。

 アブラムとその家族は、主に信頼して、故郷、カルデヤのウルを旅立ち、約束の地カナンに到着しました。しかし、その土地には先住民がおり、未開拓の土地を捜し、南下しましたが、飢饉に遭ってしまうのです。何が、約束の地か?踏んだり蹴ったりです。神の祝福は、アブラムにとって、夢、幻のようなものと思ったに違いない。そこは、アブラムにとって約束の地、祝福の地ではなく、試練の地、苦難の地でした。そして、試練の嵐に耐えられないアブラムの姿がそこにありました。

アブラムは、その地方の飢饉がひどかったので、エジプトに下り、そこに滞在することにしました。アブラムは、あっさりカナンでの暮らしを諦めて、エジプトへ転進してしまうのです。これまでの彼は、神の指示のもとに行動してきたはずです。それなのに、ここでは神さまの御心を窺がうことさえしていないのです。これはどうしたことでしょうか?

 11節  エジプトに入ろうとしたとき、アブラムは、妻サライに言った。「あなたが美しいのを、わたしはよく知っている。 12:12エジプト人があなたを見たら、『この女はあの男の妻だ』と言って、わたしを殺し、あなたを生かしておくにちがいない。 12:13どうか、わたしの妹だ、と言ってください。そうすれば、わたしはあなたのゆえに幸いになり、あなたのお陰で命も助かるだろう。」

 あのアブラムが、こんなことを言う。自己保身のために妻に妹を名乗らせるのです。アブラムが、妻に妹を名乗らせると述べたことには、それ相応の」理由がありました。

  創世記20章に、事実、彼女は、わたしの妹でもあるのです。わたしの父の娘ですが、母の娘ではないのです。それで、わたしの妻となったのです。 つまり、腹違いの妹ということです。このような兄妹の間の結婚は、古代イスラエルや古代エジプトにも見られました。後のレビ記の時代に、イスラエルでは、異母妹、異父妹との結婚は、厭うべき性的関係として禁止されています。

 だからといって、サライは、現にアブラムの妻なのです。 アブラムに同情する点があるとすれば、何としても生き抜かなければならないということでしょう。

 そうでなければ、祝福も国民もない。本能的な延命の願いがあったのでしょう。

 12:14アブラムがエジプトに入ると、エジプト人はサライを見て、大変美しいと思った。 12:15ファラオの家臣たちも彼女を見て、ファラオに彼女のことを褒めたので、サライはファラオの宮廷に召し入れられた。 12:16アブラムも彼女のゆえに幸いを受け、羊の群れ、牛の群れ、ろば、男女の奴隷、雌ろば、らくだなどを与えられた。

  しかし、主なる神は、アブラムの妻サライのことで、王さま、ファラオとその宮廷の人々を恐ろしい病気に罹らせ傷めつけたのです。

12:18ファラオはアブラムを呼び寄せて言った。「あなたはわたしに何ということをしたのか。なぜ、あの婦人は自分の妻だと、言わなかったのか。 12:19なぜ、『わたしの妹です』などと言ったのか。だからこそ、わたしの妻として召し入れたのだ。さあ、あなたの妻を連れて、立ち去ってもらいたい。」 12:20ファラオは家来たちに命じて、アブラムを、その妻とすべての持ち物と共に送り出させた。

  

  ファラオは、これ以上、アブラムとサライに関わるとどんな災いが降りかかるかも知れない。早々に国外退去を命じたのです。

 

  繰り返される罪、過ち

何か、アブラムの信仰者の行動として、割り切れないものを感じます。

しかも、アブラムは、後の箇所でも再び同じ過ちを行っているのです。

  先ほどの創世記20章1節以下 アブラハムは、…ゲラルに滞在していたとき、アブラハムは妻サラのことを、「これはわたしの妹です」と言ったので、ゲラルの王アビメレクは使いをやってサラを召し入れた。 その夜、夢の中でアビメレクに神が現れて言われた。「あなたは、召し入れた女のゆえに死ぬ。その女は夫のある身だ。」 アビメレクは、まだ彼女に近づいていなかったので、「主よ、あなたは正しい者でも殺されるのですか。彼女が妹だと言ったのは彼ではありませんか。また彼女自身も、『あの人はわたしの兄です』と言いました。わたしは、全くやましい考えも不正な手段でもなくこの事をしたのです」と言った。

神は夢の中でアビメレクに言われた。「わたしも、あなたが全くやましい考えでなしにこの事をしたことは知っている。だからわたしも、あなたがわたしに対して罪を犯すことのないように、彼女に触れさせなかったのだ。直ちに、あの人の妻を返しなさい。彼は預言者だから、あなたのために祈り、命を救ってくれるだろう。しかし、もし返さなければ、あなたもあなたの家来も皆、必ず死ぬことを覚悟せねばならない。」

次の朝早く、アビメレクは家来たちを残らず呼び集め、一切の出来事を語り聞かせたので、一同は非常に恐れた。 アビメレクはそれから、アブラハムを呼んで言った。

「あなたは我々に何ということをしたのか。わたしがあなたにどんな罪を犯したというので、あなたはわたしとわたしの王国に大それた罪を犯させようとしたのか。あなたは、してはならぬことをわたしにしたのだ。」 アビメレクは更に、アブラハムに言った。「どういうつもりで、こんなことをしたのか。」アブラハムは答えた。「この土地には、神を畏れることが全くないので、わたしは妻のゆえに殺されると思ったのです。事実、彼女は、わたしの妹でもあるのです。わたしの父の娘ですが、母の娘ではないのです。それで、わたしの妻となったのです。かつて、神がわたしを父の家から離して、さすらいの旅に出されたとき、わたしは妻に、『わたしに尽くすと思って、どこへ行っても、わたしのことを、この人は兄ですと言ってくれないか』と頼んだのです。」

これは、エジプトの時から20年後の出来事です。一度あることは二度起きる。懲りない面々、否、確信犯です。当時の社会の世界の道徳の低さを逆手にとったともいえます。否、二度あることは三度ある。親の因果が子に報い、アブラハムの息子イサクも同じ過ちを起こすのです。

創世記26章06節以下、そこで、イサクはゲラルに住んだ。 26:07その土地の人たちがイサクの妻のことを尋ねたとき、彼は、自分の妻だと言うのを恐れて、「わたしの妹です」と答えた。リベカが美しかったので、土地の者たちがリベカのゆえに自分を殺すのではないかと思ったからである。 26:08イサクは長く滞在していたが、あるとき、ペリシテ人の王アビメレクが窓から下を眺めると、イサクが妻のリベカと戯れていた。 26:09アビメレクは早速イサクを呼びつけて言った。「あの女は、本当はあなたの妻ではないか。それなのになぜ、『わたしの妹です』などと言ったのか。」「彼女のゆえにわたしは死ぬことになるかもしれないと思ったからです」とイサクは答えると、 26:10アビメレクは言った。「あなたは何ということをしたのだ。民のだれかがあなたの妻と寝たら、あなたは我々を罪に陥れるところであった。」 26:11アビメレクはすべての民に命令を下した。「この人、またはその妻に危害を加える者は、必ず死刑に処せられる。」

何故、三度も同じような出来事が繰り返されるのか。アブラムやイサクの人間的な弱さや人間的な打算によるものです。しかし、この危機を神様がその力で危機を打破されるのです。何故か?それは、神がアブラムに約束されたことを守られたからです。

ここに登場するゲラルの王アビメレクは、良心的な人物で他人の妻をせしめることの悪を弁えていました。 神さまは、今回もアブラハムを守ってくださいました。

信仰の父、と言われるアブラハムにして、この有様です。義人と云っても弁慶の泣き所ありでした。彼は、義人ではなく凡人なのです。しかし、このような過ちの一つ一つがアブラハムの信仰を育てました。彼は、痛い目に遭いながら、真っすぐに神に向かう姿勢を正されてゆくのです。

アブラムからアブラハムに、アブ(父親)ラーム(高める)ハが入って(国民の父)に、サライ(私の女王)とサラ(多くの国民の母)…(語源的には意味が不明) に変えられてゆくのです。

パウロは、ローマ書4章で、「4:1 では、肉によるわたしたちの先祖アブ

ラハムは何を得たと言うべきでしょうか。4:2 もし、彼が行いによって義とされたのであれば、誇ってもよいが、神の前ではそれはできません。4:3 聖書には何と書いてありますか。「アブラハムは神を信じた。それが、彼の義と認められた」とあります。」

信仰の父アブラハムでさえ、脛に傷を持つ身、神の御前に欠けの多い、汚れ

多い、生身の人間なのです。行いは完全にあらず、それでも、神を信じる信仰が彼を生かしたのです。それ故、人生の試練を通して、強くされるのです。

ダビデについてもパウロは、「しかし、不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰が義と認められます。 同じようにダビデも、行いによらずに神から義と認められた人の幸いを、次のようにたたえています。「不法が赦され、罪を覆い隠された人々は、幸いである。 主から罪があると見なされない人は、幸いである。」(ローマ書4章6~8節)

詩編139章23~24節「神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思いを知ってください。わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。」(口語訳)ダビデの心からの詩でした。

聖書の描く信仰者アブラハム

聖書は、特に、旧約聖書は、人間の何たるかを映し出しています。この人間臭い色模様、人間どものドタバタ騒動にも差し伸べられる神の御手を思います。ここにあるアブラムの行動は軽率のそしりを免れません。神の前に、ただの人間的なアブラハムがありました。

神がアブラムたちを正しい道へ引き戻してくださったのは、アブラムの正し

さや信仰のせいではありません。ただ神のアブラムたちに対する大きな憐れみと恵みの故です。「アブラムを大いなる国民とし、アブラムによってすべての人を祝福する。」という約束を神は決して忘れなかったのです。自分の妻サライを妹と紹介し、「あなたは、一体何ということをしたのか」とファラオに問いただされたアブラムにとって、それは、神さまの言葉でした。アブラムは、自分を恥じ、心から悔い改め、主なる神に誤ったに違いありません。

私は罪を犯した、もう一度主に立ち帰ろう。なすべきことは、原点に立ち戻ることです。13:18アブラムは天幕を移し、ヘブロンにあるマムレの樫の木のところに来て住み、そこに主のために祭壇を築くのです。

 黙示録2章4~5節 しかし、あなたに言うべきことがある。あなたは初めのころの愛から離れてしまった。2:5 だから、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて初めのころの行いに立ち戻れ。

 「忘れるな、主の恵み」です。主の憐み、恵みを忘れてはなりません。

 北森嘉蔵先生は、このアブラハムの箇所で、信仰について述べています。「神の言葉と内容と現実が、初めからすんなりと行けば、信仰は要らないのかもも知れません。信じなくても現実を見れば良いのです。もし、そういう生涯をアブラハム夫婦がたどったとすれば、彼は信仰の父とはならなかったでしょう。信仰というのは、見ることのできないものを信じるから信仰なのです。神の言葉と現実が、すんなり調和しないで食い違うところに、信仰の戦いがうまれるのです。」と述べています。

 最後に、ヘブライ人への手紙11章を読んで終わります。

 ヘブライ人への手紙11章は、アブラハムほか旧約の信仰の勇者について述べています。11:1 信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。11:2 昔の人たちは、この信仰のゆえに神に認められました。

13節以下、「11:13 この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表したのです。11:14 このように言う人たちは、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです。…11:16 ところが実際は、彼らは更にまさった故郷、すなわち天の故郷を熱望していたのです。だから、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいません。神は、彼らのために都を準備されていたからです。