日本キリスト教団 東戸塚教会

2017.7.9「中風人の癒し」

Posted on 2017. 7. 10, 牧師: 藤田 穣

聖書 ルカによる福音書5章17~26節

  05:17ある日のこと、イエスが教えておられると、ファリサイ派の人々と律法の教師たちがそこに座っていた。この人々は、ガリラヤとユダヤのすべての村、そしてエルサレムから来たのである。主の力が働いて、イエスは病気をいやしておられた。 05:18すると、男たちが中風を患っている人を床に乗せて運んで来て、家の中に入れてイエスの前に置こうとした。 05:19しかし、群衆に阻まれて、運び込む方法が見つからなかったので、屋根に上って瓦をはがし、人々の真ん中のイエスの前に、病人を床ごとつり降ろした。 05:20イエスはその人たちの信仰を見て、「人よ、あなたの罪は赦された」と言われた。 05:21ところが、律法学者たちやファリサイ派の人々はあれこれと考え始めた。「神を冒涜するこの男は何者だ。ただ神のほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」 05:22イエスは、彼らの考えを知って、お答えになった。「何を心の中で考えているのか。 05:23『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。 05:24人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に、「わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい」と言われた。 05:25その人はすぐさま皆の前で立ち上がり、寝ていた台を取り上げ、神を賛美しながら家に帰って行った。 05:26人々は皆大変驚き、神を賛美し始めた。そして、恐れに打たれて、「今日、驚くべきことを見た」と言った。

 屋根を壊して

 一昨日7日は、七夕まつりでした。皆さん、願いごとを短冊に書いて、笹の飾りに吊るしますね。皆さんは、何をお願いしましたか?お友達のことを願った人はいますか? 今日のお話に出てくる男の人ならば、友達の病気が治るように、お願いしたのではないかと思います。

 さて、イエスさまが病人を治すうわさが多くの人々に知れ渡りました。 ある日、イエスさまが人々にお話をしておられる家の外で声がします。 

「よいしょ、よいしょ。」 一体何の騒ぎでしょうか?汗をかいて、掛け声をかけながら担架を運んでいる4人の男の人がいました。板の担架の上には、中風という重い病気で手や足が動かない寝たきりの男の人が横たわっています。

 いままで、どんなお医者さんも治せませんでした。イエスさまが、この町に来られたことを聞き、仲良しの四人の友達は、病気の友達をイエスさまに直して頂こうと思って、寝ていた男の人を板の担架に乗せて運んできたのでした。イエスさまならきっと治してくださると信じて。 やっとイエスさまのおられる家の前まで来ました、ところが家の前には大勢の人たちがいて、入り口も塞がれていました。四人のお友達は、困ってしまいました。進むことが出来ません。困ってしまいました。 そうだ、屋根をはいで上から吊り降ろそう。屋根は後で直せば良いのだから。

イエスさまたちのいたお家は、1階の平屋、中は家族の住む場所と家畜の部屋でした。外側の階段を上ると平らな屋根に出ることが出来ます。四人は、平らなところに担架を置いて、屋根に穴をあけ、屋根をはがし始めました。屋根は壁から壁に1m間隔で渡された梁、木の枠の上に葦や棕櫚の葉を並べ、その上に粘土で塗り固めただけのものでした。雨の降らないこの地方では、このような屋根が普通でしたから、4人の男の人の力で簡単に剝がすことが出来ました。木の担架の四隅に縄をつけて、4人のお友達は、注意しながら病人を下ろしました。イエスさまは、上を見て、降ろされてくる病人と縄を下ろす4人のお友達を見上げました。4人のお友達は、上から覗きこみながら、

「イエスさま、何とか僕らの友達を助けてください」とお願いしました。イエスさまは、病人と4人のお友達をじっと見て、この五人の友達がお互いに助けあっていること、このようなことまでして、イエスさまなら治せると信じていることが良く分かりました。イエスさまは、病気の男の人に仰いました。「友よ、あなたの罪は赦された」

病気を癒された男の人

 家の中にいた人たちは、イエスさまの仰った言葉にびっくりしました。人々は、罪を赦すことが出来るのは、神さまだけなのに、イエスさまは何ということを言うのかと思いました。イエスさまは、その人々の心を見抜いて、仰いました。「わたしに罪を赦すことが出来る力があることが分かるように、わたしの力を見せてあげよう。」

 それから、イエスさまは男の人に、「起き上がって寝ていた担架ををもって家に帰りなさい。」と仰いました。すると、寝たきりだった男の人が起き上がって、立ち上がりました。皆は、眼を丸くしました。イエス様が起きなさいと命じただけで、病気が治ったのです。

イエスさまのお力によって病気を治して頂き、心の罪も許されたこの男の人は、元気な人と同じように歩いて、神さまを讃美しながら、家に帰りました。

皆さんはお友だちに助けてもらったことはありますか?周りに困っているお友だちがいたら自分のできることで助けてあげられたら良いですね。

イエスさまは、病気を治すことで、罪の赦しもできることを示されました。イエスさまは私たちの悪い心を赦してくださり、神の子としてくださるのです。神さまから遠ざかっていたこの男の人は、神さまに罪を赦され、病気を治され、神さまを讃美しながら帰っていったのでした。そこにいた人たちは、イエス様の言葉の力に恐れながら神をほめ讃えました。

私たちも、いつも守ってくださるイエスさまに感謝しましょう。

                       (子どもの礼拝 終わり)

 ファリサイ派の人々との論争

 ここの箇所は、イエスの律法学者・ファリサイ派の人々との論争の箇所です。エルサレムの都から派遣された学者たちの前で、イエスは、人々に教え、人々の病気を癒されました。律法学者は、文字通り、モーセの十戒を初めとする律法、口伝えによる律法を解釈し、民衆に教える教師であり、社会的に尊敬されており、多くの学者がファリサイ派に属していました。ファリサイ派の人々、ファリサイ派は、BC2世紀ヘレニズムの台頭に影響されるユダヤ教を守ろうとした敬虔な信徒たちからなり、律法遵守を生活の中心とし、清い生活を重んじました。汚れに染まりやすい民衆から自らを分離したので分離派(ファリサイ派)と呼ばれたのです。

律法学者もファリサイ派の人々も、自分たちの信仰的正しさを主張しましたので、イエスの恵みの福音と対立せざるを得ませんでした。律法に自由な態度を取るイエスの振る舞いに彼らの心は傷ついたのでした。

 そのような彼らが見守る中でも、「主の力が働いて、イエスは病気をいやしておられた。」(17節)のです。

 

信仰とは何か?

 そこに、数人の友人に担がれた、一人の病人の担架が、イエスの滞在しておられた家に到着しました。しかし、多くの群衆がイエスを囲んでいたので近づけません。イエスの前に連れてゆけないので、先ほども申しましたように、家の屋根を剥いで、イエスの所に病人を吊り下ろしたのでした。

 イエスはその人たちの信仰を見て、「人よ、あなたの罪は赦された」と言われた。イエスが見たこの信仰とは何なのであろうか。

 イエスが見たのは、中風患者の友人たちが、何とでもしてもイエスに癒やして頂こうと運んできて、群衆で近づけないために、イエスのおられた家の屋根を剥いで、担架の患者を、イエスの前につり下ろした、無茶とも思えるイエスへの必死の思い、全幅の信頼を見て、心打たれ、中風の人に言われたとあります。これに似た出来事がありました。

マルコ福音書5章25節 12年間出血に悩まされた女性の出来事です。

さて、ここに十二年間も出血の止まらない女がいた。 多くの医者にかかって、ひどく苦しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、ますます悪くなるだけであった。 イエスのことを聞いて、群衆の中に紛れ込み、後ろからイエスの服に触れた。「この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったからである。 すると、すぐ出血が全く止まって病気がいやされたことを体に感じた。 イエスは、自分の内から力が出て行ったことに気づいて、群衆の中で振り返り、「わたしの服に触れたのはだれか」と言われた。そこで、弟子たちは言った。「群衆があなたに押し迫っているのがお分かりでしょう。それなのに、『だれがわたしに触れたのか』とおっしゃるのですか。」 しかし、イエスは、触れた者を見つけようと、辺りを見回しておられた。女は自分の身に起こったことを知って恐ろしくなり、震えながら進み出てひれ伏し、すべてをありのまま話した。 イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気に暮らしなさい。」

讃美歌323番に歌われています。「よしや世の人 群がりたち あざ笑うとも 押分行き 主の足元にひざまずきて その御衣の裾にぞ触れん」

信仰とは何か。まさに、自分のすべてをさらけだしてその願いを、我を忘れて救い主に願うことなのです。

もう一つ、ルカ福音書11章5節以下を学びます。

また、弟子たちに言われた。「あなたがたのうちのだれかに友達がいて、真夜中にその人のところに行き、次のように言ったとしよう。『友よ、パンを三つ貸してください。旅行中の友達がわたしのところに立ち寄ったが、何も出すものがないのです。』 すると、その人は家の中から答えるにちがいない。『面倒をかけないでください。もう戸は閉めたし、子供たちはわたしのそばで寝ています。起きてあなたに何かをあげるわけにはいきません。』 しかし、言っておく。その人は、友達だからということでは起きて何か与えるようなことはなくても、しつように頼めば、起きて来て必要なものは何でも与えるであろう。 そこで、わたしは言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。 だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。

この箇所は、イエスの祈りの教えの後にある。祈りは願いであり、大願成就をねがうことであろう。それだけの神への信頼と思いをもって願うことを、主は信仰として受け止めてくださるのです。カトリックの奥村一郎神父(禅宗からキリスト教に改宗)は、「信仰というのは、自分に止まるのではなく、自分を捨てて神に向かう動きである。そこでは、人間が全く無防備になり、赤裸々になることが本質である。それなのに、信仰が人間の衣装になり、鎧になってしまう」と云っておられます。信仰は、かっこつけることでもなく、とりすますようなことではありません。

 罪の赦し

けれども、イエスが云われたのは、中風の人にその罪は赦されたなのです。罪赦されたとは、何でしょうか?病が癒されるといえばよいはずです。それをイエスは、罪赦されたと云います。それを聞いた律法学者やファリサイ派の人々は、心の中であれこれ考えた。「神を冒涜するこの男は何者だ。ただ神のほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか。」

既に、ここで、イエスを神を冒涜する者と云っております。神のみが赦せる罪を赦すという人間は、神を冒涜する者、死罪にあたるのです。律法にもそうあります。レビ記24章11~16節に、「神を冒涜した男を宿営の外に連れ出し、冒涜の言葉を聞いた者全員が手を男の頭に置いてから、共同体全体が彼を石で打ち殺す。」とあります。罪を赦すことは、神さましかできないことです。当時の人々は、誰もそう思っておりました。

24節で、イエスは、「人の子・神の子であるご自分がが地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」とこの病人の罪を赦し、起きて、床を取り上げて、歩けと命じて、この中風の人を癒されたのでした。

罪とは何でしょうか?

ファリサイ派の人々は、神の律法を守らない、守れないことが罪と考えていました。イエスの罪に対する考えは違うのです。

今年の4月に召された神学者であり恵泉女学園の元園長であった秋田稔先生は、並行箇所のマルコ福音書のこの箇所の釈義で、「すべての人間は、神の形に造られた尊厳ある存在です。(創世記1章27節)すべての人間がかけがえのない存在です。人間は互いに互いを認め合い、赦し合うように造られているのです。神への人間の背き(罪)は、こういう神の呼びかけに応えないことです。自分(Ego)の内にこもる自分を神とする(Egoism)のです。この箇所で云えば、罪の心は、素朴にこの中風患者を運んできた4人の友人の一途に信頼する心根と真逆の心とでも言ったらよいでしょうか」と云っておられます。

 イエスの「罪赦された」という発言は、律法学者たちの罪規定、(病気は罪の結果だ)を前提として、「人よ、あなたもかけがえのない人間として生きているんだ。生きて行けるんだ。その信頼の心でいいのだ」という病気追放の宣告をされたのです。

 あなたの罪が赦されたというのと『起きて歩け』と言うのと、どちらが易しいか。 05:24人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」

 イエスはご自身の権威で罪の赦しを宣言されたのです。

ここで意味される罪は、悪事や犯罪ではない。律法学者やファリサイ派の人々を意識している。自分たちの力でやれるという己への自己欺瞞、神への不信頼と反逆、これこそが罪なのだ。

 

驚きへの参加

26節 人々は皆大変驚き、神を賛美し始めた。そして、恐れに打たれて、「今日、驚くべきことを見た」と言った。 皆が驚きの原文は、驚きが皆のものを捕まえたです。驚きという言葉は、英語のエクスタシーです。こ日本語では、恍惚感というふうにいわれますが、元の意味は、自分自身の外にいるという意味です。我を忘れて、自分の意識の外にでてしまう驚きです。ある聖書では、「正気を失うほどの驚き、度肝を抜かれた驚き」と訳しています。人々は、我を忘れて、神を崇め、褒めたたえないわけにはゆかぬ思いになり、同時に、神に対する畏れに満ちたのです。それほど思いがけない、びっくりするようなことが起こっているということです。

 イエスが共にあり、働かれるとき、そのようなことが起こるのです。この礼拝においても然りです。礼拝とは、私たちの思いを超えることを体験するときです。私たちの思いを超えた恵みを受け、新しい恵みに生かされる時なのです。