日本キリスト教団 東戸塚教会

2018.3.25「御心がおこなわれますように」

Posted on 2018. 3. 25, 牧師: 藤田 穣

聖書 マルコによる福音書14章32~42節
 14:32一同がゲツセマネという所に来ると、イエスは弟子たちに、「わたしが祈っている間、ここに座っていなさい」と言われた。 14:33そして、ペトロ、ヤコブ、ヨハネを伴われたが、イエスはひどく恐れてもだえ始め、 14:34彼らに言われた。「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、目を覚ましていなさい。」 14:35少し進んで行って地面にひれ伏し、できることなら、この苦しみの時が自分から過ぎ去るようにと祈り、 14:36こう言われた。「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」 14:37それから、戻って御覧になると、弟子たちは眠っていたので、ペトロに言われた。「シモン、眠っているのか。わずか一時も目を覚ましていられなかったのか。 14:38誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」 14:39更に、向こうへ行って、同じ言葉で祈られた。 14:40再び戻って御覧になると、弟子たちは眠っていた。ひどく眠かったのである。彼らは、イエスにどう言えばよいのか、分からなかった。 14:41イエスは三度目に戻って来て言われた。「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。もうこれでいい。時が来た。人の子は罪人たちの手に引き渡される。 14:42立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。」

本日は、イエスのゲッセマネの園の祈りを通して学びます。
アルブレヒト・デューラー オリブ山のキリストを始め、多くのイエスのゲッセマネの祈りの光景が絵画に描かれている。
イエスの一行は、過越の食事、最後の晩餐を終えるとオリブ山に登られた。エルサレムの門を出て、キドロン谷の小川を渡るとゲッセマネとなづけられた場所に着いた。木曜日の夜、十字架に架かる前日のことでした。
ゲッセマネとは、オリーブ油絞り器の意味のヘブル語の場所で、オリーブの木が生い茂り、樹木の下には、祈りに適した場所があり、イエスが宿舎としていたベタニアとの行き帰りによく立ち寄って、祈っておられた場所でした。

ヘブライ人への手紙5章7節以下が、この箇所の意味を伝えております。
「キリストは、肉において生きておられたとき、激しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある方に、祈りと願いとをささげ、その畏れ敬う態度のゆえに聞き入れられました。 キリストは御子であるにもかかわらず、多くの苦しみによって従順を学ばれました。 そして、完全な者となられたので、御自分に従順であるすべての人々に対して、永遠の救いの源となったのです」とつたえております。

イエスがメシアであることが、その苦難を通して現わされるという聖書の設定は、常識的ではない、逆説的である。民衆や弟子たちが持つ英雄的メシア期待は、聖書的に誤認識であっても、世間的には当然の期待である。
ゲッセマネの出来事は、この世の常識に挑戦する。そのために、イエスの苦悩は徹底されねばならないのかもしれない。
他の弟子を園の入り口に残し、3人の弟子を伴い園の奥へ歩まれると、イエスはひどく恐れてもだえ始め、 彼らに言われた。「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、目を覚ましていなさい。」 少し進んで行って地面にひれ伏し、できることなら、この苦しみの時が自分から過ぎ去るようにと祈り、こう言われた。「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください」、と祈る。
このイエスの祈りは、この杯を取り除けてください。この苦難の杯を飲みたくないということです。このイエスの祈りは聞かれることのない祈りへの嘆きである。この杯は、10章38節で弟子たちに予告した「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない。このわたしが飲む杯を飲み、このわたしが受ける洗礼を受けることができるか。」苦難の予告である。
この杯は、イエスにとって、メシアとして受くべき十字架の死の杯を意味する。メシアならば、敢然として受けると私たちは考える。かのソクラテスは、「悪法も方なり」と弟子たちの前で、従容として毒杯を仰ぎました。これが、わたしの脳裏にあります。 しかし、「飲みたくありません。父よ、何故なのですか?」とイエスは父なる神に問われる。苦難という言葉は、英語のパッションもドイツ語のライデンも、受けるという意味です。パッシブなのです。受けるというのは、自分自身の問題ではなく、外から降りかかってくる苦難なのです。自分のせいではありません。
イエスは、地面にひれ伏して祈ります。ルカ22章44節では、「イエスは苦しみもだえ、いよいよ切に祈られた。汗が血の滴るように地面に落ちた。」とあります。凄まじい祈りでした。

主イエスは、普通の意味で死を恐れたのではないでしょう。死は神の前に罪人が裁かれることです。神との関係を断たれ、神から捨てられることです。ルカ福音書は、ゲッセマネの祈りの前で、語られたイエスの言葉を伝えております。「言っておくが、『その人は犯罪人の一人に数えられた』と書かれていることは、わたしの身に必ず実現する。わたしにかかわることは実現するからである」。(ルカ福音書22章37節)
イエスは、死を恐れることにおいて、罪人の一人として、私たち人間の側に身を置かれるのです。罪人の代わりに死ぬということなのです。そこには、罪なき者が罪とされる葛藤、罪人とされる悲しみがあります。イエスの孤独があります。十字架上で叫ばれた「わが神、わが神、なにゆえわたしを捨てられるのですか。なにゆえ遠く離れてわたしを助けず、わたしの嘆きの言葉を聞かれないのですか。」詩編22篇1節の先取りがなされているのです。
この困窮から抜け出そうとする人間イエスの祈りがあります。どのようにしても解決のできない、人間の苦悩を引き受けて苦しむのです。
 イエスは、己の苦悩が父なる神の御心であり、御計画であることを知っており、アッパ父よと信頼するお方から差し出される苦悩であると受け止めておられるのです。
「しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」これは、アッパ父よと呼ぶ神へのあくなき信頼の言葉です、イエスは、この祈りを通して、自らの今の状況が父の御心に適うようにと祈るのです。それは、イエスご自身にとって十字架の受難を意味するのです。
人間が苦悩のなかにあるとき、答えを求めてさすらうか、どうにでもなれと投げ出すか、あるいは、苦悩する自らを自ら断罪するかいずれかでありましょう。それが、わたしたちの思いである。「わたしの思いではなく、御心のままに」との祈りは、たとえ答えが与えられなくても、最後の最後、委ねる方がおられることを信ずるのが信仰者のあり方です。
私の思いがある限り、答えを解決を求めます。しかし、「御心のままに」は、たとえ答えがなくても、問題が未解決でも、そこを神に、主に委ねる祈りなのです。
アッパ父よ、アッパは、幼児が父に呼びかける「お父さん」である、今、イエスは、そのように父なる神に叫んでいる。しかし、一緒に祈ってくれるはずの弟子たちは、眠りこけている。
シモンよ、アッパ父よ、この二つのはざまにイエスは立っておられる。神を呼び、サタンを呼ぶわたしたち人間の心のはざまにイエスは立っておられる。愛と憎しみの飛び交う人間と人間のはざまにイエスは立っておられる。そして、何よりも神と人のはざまに立って祈っておられるのだ。
神のうながしの前でイエスは、畏れおののく。そして、御心のままにと祈る。しかし、弟子たちは、ペトロは眠っている。悪魔的な眠りである。十字架を前にした弟子たちの裏切りが先取りされているのだろうか。
弟子たちは、イエスの苦悩を理解することなく眠っている。イエスの弟子たちの促しは3度にわたる。それは、受難予告に対応するものであろう。
自らの苦悩の祈りの内にも弟子たちのことを案ずるイエスの姿は私たちにとって大きな慰めです。
メシアが受難を受けるということ、それが神の御心、御計画であるという真理は、弟子たちに受け入れがたいことであった。彼らの願いは、人を救いに至らせるメシアは、苦難のメシアではなく、力とこの世的栄光のメシアであった。
弟子たちにとって、初代教会にとってイエスの受難と十字架は躓きであった。パウロは、「 ユダヤ人はしるしを求め、ギリシア人は知恵を探しますが、 わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものですが、
 ユダヤ人であろうがギリシア人であろうが、召された者には、神の力、神の知恵であるキリストを宣べ伝えているのです。」
コリント信徒への手紙Ⅰ 1章22~24節) 
弟子の無理解を代表するのは、ペトロです。マルコ8章31節では、イエスが受難予告をしたとき、イエスを諫めてサタンよ、退けと一括されております。弟子たちの居眠りもその無理解から来てるのだろう。
37節 それから、戻って御覧になると、弟子たちは眠っていたので、ペトロに言われた。「シモン、眠っているのか。わずか一時も目を覚ましていられなかったのか。 誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」イエスは弱い肉体のペトロを古いシモンの名で呼んでいる。心は燃えても、肉体は弱いのである。
二度目に言われたときに、弟子たちは、「どうお答えして良いかわからなかった。」イエスは3度目に弟子たちの許に来て、「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。もうこれでいい。時が来た。人の子は罪人たちの手に引き渡される。 立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。」 「もうこれでいい」は、もう充分である。新しい展開の時が来たのです。「時が来た。人の子は罪人たちの手に引き渡される。」
これは、受難予告成就の時です。この時が来たのです。「立って、行こう」敢えて十字架の苦難を引き受け、十字架に自ら向かうイエスの姿があります。

イエスのミステール(奥義)
パンセで有名なブレーズ・パスカルは、このゲエセマネの祈りの箇所をイエスのミステールとして、自分の個人的な瞑想を記しとどめた。
パスカルは、幼少時から虚弱体質で、病名ははっきりしないが、脳障害、結核、胃がんが指摘されているが、39歳の若さで早世している。彼は、自分の病気に不条理さを感じていたが、この聖書箇所に向き合いその信仰を吐露している。
「わたしは最後の苦悶のなかでも、あなたのことを考えていた。あなたのために、こんなにも血を流した。」イエスの苦悩は、他の誰のためというよりもほかならぬわたしのためであったと知る。このことを知らされてみて、改めてイエスの御許にひれ伏し、真に頼るべき方、友として寄りかかって間違いにない方が、唯一この方だけと知る。
「医者もあなたを癒さないであろう。あなたは必ず死ぬ。しかし、この私は癒すばかりか、からだを死なないものにする。」
病苦にその一生を苦しみ抜き、病の不条理に悶々とし続けたパスカルは、最後にこの言葉をしかと受け止めた。この病が、唯、イエス・キリストによってのみいやされる。そればかりか、業病の果てに必然的に待ち受けている死すらも克服されることを、確かに知り得たのだ。パスカルの信仰は、今こそ不動のものとされた。
その時、イエスは、イエスの方からわたしに近づき、こう言ってくださる。「わたしは、他のどんな人よりももっと親しいあなたの友だ」と。いかに親しい人だろうと、他の者は、あなたのために苦しんでくれるほどの者はいないし、ましてや、あなたに代わって死んではくれまい。しかし、わたしは死んだ」。このイエスに接して反省は続く。わが反逆心のしぶとさに驚き、心うなだれ、悔い改めて導かれるのだ。「主よ、わたしはあなたにすべてを委ねます」。自分にとって一見些細に見えながらも、重大となるやもしれぬどんな出来事が待ち構えていようと、もはや全く動じる必要はない。 
イエスのミステール(奥義)のパスカルは、最後にこの境地に達している。
イエスのゲッセマネの苦難の祈りを学ぶ私たちに。
十字架の主イエスは、わたしたちに、その身をご自分に委ねなさいと呼びかけておられるのです。」