日本キリスト教団 東戸塚教会

2018.4.8「互いに心が燃えたではないか」

Posted on 2018. 4. 9, 牧師: 藤田 穣

聖書 ルカによる福音書24章13~35節
 24:13ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、 24:14この一切の出来事について話し合っていた。 24:15話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。 24:16しかし、二人の目は遮られていて、イエスだとは分からなかった。 24:17イエスは、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか」と言われた。二人は暗い顔をして立ち止まった。 24:18その一人のクレオパという人が答えた。「エルサレムに滞在していながら、この数日そこで起こったことを、あなただけはご存じなかったのですか。」 24:19イエスが、「どんなことですか」と言われると、二人は言った。「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。 24:20それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。 24:21わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります。 24:22ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、 24:23遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。 24:24仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした。」 24:25そこで、イエスは言われた。「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、 24:26メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。」 24:27そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。 24:28一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。 24:29二人が、「一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。 24:30一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。 24:31すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。 24:32二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。 24:33そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、 24:34本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。 24:35二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した。

イエス様の二人の弟子がエルサレムからエマオへの道を歩いておりました。二人とも十字架で死んだイエス様のことを思いだして悲しみながら、話し合ったり、歩いたり、話したり、歩いたりしていました。すると、いつのまにか一人の旅人が近づいてきて、声をかけました。
「何を悲しそうに話しているのですか?」二人はびっくりして言いました。「あなたは、エルサレムから来られたのに、最近あそこで起きたことを知らないのですか?」「どんなことですか?」「私たちの先生だったイエス様のことです。私たちを始め、多くの人たちがイエス様を神さまが約束した救い主だと信じていたのに、大祭司たちが捕らえて、十字架に架けたのです。イエス様は死んでしまいました。でも、今朝、女の人たちがお墓に行くと墓の中は空っぽで、天使たちが、イエス様は甦られたと告げたというのです。でも、今日の午後になっても。まだ、誰ひとり、甦ったイエス様にお会いしておりません。もう、おしまいです。」
男の人が言いました。「ああ、何と物分かりの悪い人たちだろう。聖書をちゃんと読んだことがないのですか?救い主は、こういう苦しみを受けて、誉を受けると書いてあるでしょう。」 救い主が人々の罪の救いのために、その罪の身代わりとして死んで甦るというのが、聖書に示された神さまの御計画でした。その男の人は、諄々と聖書に書かれていることを教えてくれました。弟子たちの心は、だんだんと嬉しさで熱く燃えてきました。

 エマオに着くと、外は暗くなっておりました。その人は、まだ、旅を続けるようすでしたが、二人は、是非、一緒に泊まってくれるように頼みました。宿で、三人は一緒に夕ご飯を囲みました。その男の人が感謝の祈りをして、パンを割き、分けてくれました。その時です。弟子たちは、ハッと気が付きました。「イエス様だ」すると、イエス様の姿は見えなくなりました。二人の弟子たちは、顔を見合わせました。「イエス様が僕たちの所に来てくださったんだ。だから、お話を聞いているとき、心の中がワクワクして熱くなったんだ」二人は急いでエルサレムの都に戻りました。
 エルサレムに戻ってみると、他の弟子たちも興奮していました。「ぺトロもイエス様にお会いしたそうだ。」「すごい、本当に甦られたのか」エマオから戻った二人も、「僕たちもイエス様にお会いして、お話を聞いたのだ」と伝えました。皆で夢中になっていると、突然、イエス様が真ん中に立って「あなたがたに、平安があるように」と仰いました。
 弟子たちは、イエス様が甦られたことを信じました。甦られたイエス様は、神さまの許に帰りました。私たちの目には見えませんが今も生きて働いておられます。私たちと一緒におられます。イエス様を信じますか?今、分からなくても大丈夫です。「わたしの心の目を開いてください」と祈りましょう。イエス様が私たち一人一人の心に、「わたしは、今も生きていて、あなたと一緒にいます」と語り掛けてくださいます。
                     (子どもの礼拝 おわり)
                   
 この箇所について、いくつかのことについて考えましょう。
 日暮れて四方は暗く わが魂はいと寂し 寄る辺なき身の頼る 主よ共に宿りませ 讃美歌39番 沈みゆくタイタニック号でも演奏された曲です。エマオへの道は、この讃美歌が似合うと思います。
 イエスの死により落胆した二人の弟子が、エルサレムから都落ちするエマオへの道すがら、論じ合いながら悲しそうに歩いていました。彼らはイエスを力ある預言者であり、イスラエルを救う救い主と考えていました。イスラエルを占領者ローマ帝国の支配から解放する希望の星と仰いでおりました。(これが弟子たちやユダヤの人々のメシア観でした)
ところが、ユダヤの指導者たちが、イエスを捕え、ローマ帝国の権力者に渡し、十字架に架けて殺してしまったのです。そして、十字架から三日経ち、(ユダヤでは死体から魂が離れる死が決定する日)すべての望みは絶えたと思われました。ところが、イエスの墓が空であることが発見され、「イエスが甦った」と天使が告げたとマグダラのマリアたちが、私たちに報告したのです。しかし、甦ったならば、弟子たちに現れても良いはずなのに、イエスは現れないで、空の墓を発見した朝から午後まで時間は空しく経過しました。
 この二人の弟子は、失望と落胆のうちに弟子の群れを離れたのでした。 もう夢も希望もない。間違えば、自分たちもユダヤの当局によって捕らえられると恐れたのかもしれません。 イエスを中心とするメシア運動は挫折したと彼らは考えました。彼らは人間の常識に囚われてしまいイエスの復活を信じられないのです。
 そんな彼らに、復活のイエスは、旅人として、この失望と落胆の内にある二人の弟子たちと共に歩いてくださいました。復活のイエスは、目が遮られていた弟子たちに現れてくださいました。
イエスは、旅人として話しかけ、旅人として目の前にいる復活の現実を、その意味を、聖書の言葉によって解き明かします。エマオ途上の弟子たちを、復活のイエスは、彼らの間違っていた聖書解釈、メシアへの思いを、遮られた目を開かせることによって、彼らの心を開かせるのです。
 「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、
 この鈍いという言葉の本来の意味は、ゆっくりする、のろいという意味です。理解するのに遅いということです。この弟子たちは、真実の主イエスを知ることにおいて鈍かったのです。私たちもそうかも知れません。
 24:26「メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。」24:27そして、イエスは、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された。
 モーセの律法を始め、預言書と詩編を通しての旧約聖書の成就、それがイエスの生涯と死と復活・昇天の出来事なのです。
 復活の主イエスは、聖書の言葉を思い起こさせることによって復活の現実の意味を理解させます。そのメシアは、必ず罪人の手に渡され、…甦るはずという神の意志と御計画に則するものである。
 この後の45節で、イエスご自身語られる。24章45節以下、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、 24:46言われた。「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。 24:47また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。エルサレムから始めて、 24:48あなたがたはこれらのことの証人となる。…」
 
 30節 一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。
パンを裂くその人を見たとき、彼らの目が開けて主イエスご自身であることが分かった。弟子たちがキリストであるのを認めるに至るのは、弟子たちの自然的な認識能力によるものではありません。遮る心を取り除く神の側からの働き掛けによるのです。
 弟子たちがイエスに気付いた途端、イエスの姿が見えなくなってしまった。ある人は、姿は見えなくなったが、主イエスの存在がなくなったとは書いていないと注解しました。主イエスの姿はみえなくなったが、しかし、主はそこに居続けてくださる。彼らと共にいてくださる。20世紀の私たちと一緒にいてくださるのだ。32節 二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。それ故、弟子たちは目に見えなくても共にいてくださる主を覚えて、喜びの内に、夜のうちに、再び、エルサレムにとって返したのでした。わたしたちにとっても、そうではないでしょうか。イエスを目の前にみることはできませんが、聖書のみ言葉によって、心を燃やして頂くことにおいて、主の聖餐に与ることによって、主が私たちに親しく臨んでおられること、共におられることを感じるのです。

 復活の主を認めることは肉眼ですることではありません。「見ないで信ずる者は幸いである」信仰の目で主を認めねばなりません。
 二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。私たちの信仰の心を燃やしてくださるのも復活の主です。
 彼らが旅人をイエスと認めたきっかけは、食事の席でした。それは、最後の晩餐の時の儀式にも似たパン割きにあります。
 最後の晩餐のとき、ルカ福音書22章19節以下、それから、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えて、それを裂き、使徒たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。」 食事を終えてから、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。
 復活の主イエスが生前のイエスのように、弟子たちと食事をなさってくださった。このイエスとの食事の恵が復活の主との出会いと相まって、主は、今も聖書を通し、御言葉と聖礼典(聖餐式・洗礼)を通してご自分を顕してくださるのです。聖餐において、主が私のために血を流してくださったことを思い出すときに、主イエスは、私たちに親しく臨んでくださいます。
 それは、「イエスは生きておられる」との確信と共に、心を燃やされるときである。そのとき、私たちは、生ける主イエスに出会い、主イエスが今も生きておられることを悟るのである。