日本キリスト教団 東戸塚教会

説教「イエス・キリストの復活」 牧師 藤田穣
(マタイによる福音書28章1~10節)

聖書 マタイによる福音書28章1~10節
28:01さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。 28:02すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。 28:03その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。 28:04番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。 28:05天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、 28:06あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。 28:07それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」 28:08婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。 28:09すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。 28:10イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」

フランス語の日曜日  主の日
フランス語で日曜日は,demanche 主の日である。この日曜日の朝、主イエス・キリストが死から復活された。日曜日は、主の復活記念日なのです。復活し今生きて働いておられる主を礼拝する。故に、主日礼拝なのです。教会は大声でかたらずとも、毎週、主の復活を祈念して礼拝しているといっても過言ではありません。

メサイア
ヘンデルのメサイアは、この時期に演奏されるオラトリオです。
ヘンデルのメサイアの第2部はキリストの受難と復活の預言を歌っている。、第2部の第29曲でテノールがイザヤ書63章8節、「彼の時代の誰が思いめぐらしたであろうか。わたしの民の背きのゆえに、彼が神の手に掛かり、命ある者の地から断たれたことを」その直後のだい30曲で、同じテノールが、詩編16篇10節、「あなたは、わたしの魂を陰府に渡すことなく、あなたの慈しみに生きる者に墓穴を見せず」と歌います。
第3部40曲 「わたしは知っている。わたしの贖い主が生きておられるのを。彼は立つであろう。後の日にこの地上に。(ヨブ記19章25節)…今やキリストが死から復活され、眠ったものの初穂とされた。(Ⅰコリント書15章20節)
第43曲以降のバスのアリア、「ラッパが鳴ると死んだ者が不朽なる者に蘇る。そして、我らは変えられるであろう。この朽ちる者は、朽ちないものを貴、この死すべきものは不死なるものを着なければならないのだから」(Ⅰコリント書15章51節) 50曲「死は勝利に吞み込まれてしまった。おお死よ、お前のとげはどこにあるのか。」51曲「神に感謝すべきかな。神は我々に勝利を与えてくださる。我らが主イエス・キリストを通して」(Ⅰコリント書15章57節952曲「もし神が私たちの味方なら、誰が私たちに敵対できようか。誰が訴えることが出来ようか。神に選ばれた者たちを。…死なれたキリストが、否、復活されたキリストが神の右にあって、私たちを執りなしていてくださるというのに。(ローマ書8章31節以下) コーラスが復活の勝利を歌い上げるのです。(ヘンデル メサイア対訳 kennichi yamagisi)

イエス・キリストが十字架上で息を引き取ったのは、金曜日の午後3時
過ぎでした。この日午後6時になると、安息日に入ります。安息日には、弔いの用意が出来ません。十字架の周りにいるのは、女性たちだけです。
その時、イエスの教えを受けてオタアリマタヤ出身の金持ちでヨセフが、ピラトのところに行って、イエスの遺体を渡してくれるようにと願い出て、赦された。ヨセフはイエスの遺体を引き取ると、きれいな亜麻布に包み、 ゴルゴタの近くにあった自分の新しい墓の中に納め、墓の入り口には大きな石を転がしておいて立ち去った。金曜日の夕方、できたのはそこまでであった。十字架の下にいた、マグダラのマリアともう一人のマリアは、墓までついてゆき、そこに残り、墓の方を向いて座っていた。彼女たちは、イエスの死体を弔う思案をしていたのでしょう。マルコによれば、彼女たちは、大急ぎで香料と香油を買い求めたうえで、安息日を守りました。
安息日のうちに、祭司長たちとファリサイ派の人々は、ピラトのところに集まって、ピラトにこう言った。「閣下、人を惑わすあの者がまだ生きていたとき、『自分は三日後に復活する』と言っていたのを、わたしたちは思い出しました。三日目まで墓を見張るように命令してください。そうでないと、弟子たちが来て死体を盗み出し、『イエスは死者の中から復活した』などと民衆に言いふらすかもしれません。そうなると、人々は前よりもひどく惑わされることになります。」 5ピラトは言った。「あなたたちには、番兵がいるはずだ。行って、しっかりと見張らせるがよい。」そこで、彼らは行って墓の石に封印をし、番兵をおいた。
安息日の明けた日曜日の早朝、マタイによれば、マグダラのマリアと小ヤコブの母マリアが墓に急ぎました。安息日が迫るギリギリのところまでイエスの遺体の納められたアリマタヤのヨセフの墓を見つめて座っていた二人です。彼女たちは、急ぎて買い求めた香料や香油を抱えていました。彼女たちは、道々、「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていた。彼女たちは、ヨセフが墓穴をふさいだ大きな石を心配していました。

2節以下 すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。 その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。 番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。
主の使いが天から降ってきて、主の使いが、マタイ福音書に現れるのは
イエスの誕生の時である。主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。 01:21マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(1章20~21節)
ヘロデ王がベツレヘム一体の幼子を殺そうとしたとき、02:13占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」 そして、02:19ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、 02:20言った。「起きて、子供とその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった。」 02:21そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。(2章19~21節)の時です。
主の使い天使は、神のもとに特定の働きを以て登場するのです。地震と共に、ここに登場する主の使いは、天から降ってきて、まばゆく白くかがやくばかりの姿で、転がした石の上に座りました。
主の使いは、石を転がし、番兵たちは、恐ろしさの余り、死人のように
氷ついてしまったので、婦人たちは墓にたどりつくつくことが出来ました。

5節以下、天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。マタイは復活を客観的なこととして宣べる、復活そのものは、私たち人間が直接みることはできず、どのように起きたのか、探索すべきことではない。私たち人間の理解を超える出来事である。マタイは、復活そのものを既に起こったこととして書いている。
福音は、イエスの十字架の死が起こり、その意味を復活によって、神が確認してくださり、天使がそれを告げたというのである。それが、あったか、なかったか、詮索すべきでない。信仰は、私たちが求めて獲得するものではない。信仰は私たちが信ずるものにあらず、気が付いたときに信じていたというようなものである。神さまが働いてくださり、神さまがわたしたちの中にしてくださることなのだから。(関根正雄先生)
神さまがしてくださったことを素直に受け取るべきなのです。
婦人たちも恐れながら、天使の言葉を聞きます。「あなたがたは、十字架につけっれたイエスの亡骸をさがしているが、あの方はここにはおられない。彼女たちは、死んだイエスの亡骸を、香油や香料をもって、葬りの
準備をしたいと思っていました。しかし、二人の希望は、叶いません。イエス・キリストは、墓のなかにおっれない。復活されたのだ。ある先生は「よろこばしき不在」とイースターのメッセージをなさいました。
パウロは、「15:20 しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。」(Ⅰコリント書15章20節)と証言しています。
神を信じない人、復活を信じない人にとって、お墓は陰府の入り口にすぎません。しかし、イエス・キリストは十字架の死から復活し、お墓を天国への入り口、永遠の生命へ至る道としてくださったのです。

7節、 それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」
婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。
日常生活のなかに、神の力が介在するとき、恐ろしさの余り、震えあがることしか出来ません。しかし、神さまにより頼む者には、あの番兵の恐れとは異なり、おそれながらも喜ぶことができたのです。
何故、ガリラヤで会うのか。エルサレムでの悲しみの時は過ぎ、復活の喜び、あらたな生はガリラヤで始まるのだ。弟子たちの多くはガリラヤを故郷とする人々であった。主イエスが弟子たちと共に活動したのもほとんどガリラヤでした。弟子たちは、ガリラヤへ帰ってゆくのです。ヨハネによると彼らは何をしていいのか分からない状態でした。彼らの多くは漁師の仕事に戻りたいと思ったかもしれません。しかし、マタイは、弟子たちがガリラヤに帰る時、復活のイエスが先回りして、ガリラヤにおられると告げるのです。復活のイエスが先回りしてガリラヤで待っていてくださる、
彼らはこの福音を聞くのです。彼女たちは、弟子たちに告げるために、走って行った。

9節 すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」
走って行った先に、イエスが立っておられ、「おはよう」と言われた。
いつものイエスの挨拶でした。彼女たちはすぐに主イエスであることを分かりました。
イエスは、言われた。「汝おそれるな、行け、告げよ」と言われた。
イエスが彼女たちの前に現れたとき、彼女たちはイエスの前にひれ伏して拝んだのでした。イエスは、婦人たちに、使者として弟子たちのもとに行くよう命じ、彼らにガリラヤへ帰るよう命令を彼女たちを通して与えたのです。ここで、イエスは弟子たちを兄弟と呼んでいます。イエスは、すでに、25章40節で、「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとり」と呼んでいます。つまり終わりの日の裁きの時に、キリスト者の呼び名として、使われているのです。復活のイエスによって、私たち信ずる者は神の子とされるのです。復活は、イエス・キリストが蘇りの初穂として、限りない愛を示すとともに、私たちが罪なき者とされる、罪無しと言うことなのです。父なる神は、イエス・キリストにあって、わたしたちを罪なき者とみてくださる。古き者が新しくされるのだ。「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。」(Ⅱコリント書5章17節)
復活の主を信ずる者は、古き罪人から、新しく作られ、神の子とされ、
永遠の生命を受け継ぐ者とされるのです。180度の変身を復活の主は
与えてくださるのです。
婦人たちは、畏れつつ、喜びつつ、弟子たちの許へ走るのでした。