日本キリスト教団 東戸塚教会

お知らせ:

平田晃久氏設計による東戸塚教会が2015年度 日本建築設計学会賞を受賞いたしました。


 

はじめに

 日本キリスト教団 東戸塚教会は、プロテスタント教会に分類され、日本最大の合同教派である日本キリスト教団に所属する教会です。
 建築家 平田晃久氏の設計による会堂は雲のように軽やかで、空との関係を感じさせる光に満ちています。

 建物に関心をお持ちの方のために、土曜日の10:00〜16:00を見学日としています。
 建物の見学については以下に当教会のルールを定めておりますので、その内容を理解の上、所定の手続きにて見学の申し込みをしてください。

 なお、当教会は信仰生活を守るための「教会」であり、信者の「祈り」の場です。決して観光施設ではないことを予めご理解下さい。

000001

見学について

 見学に関しては、注意事項等をご確認の上、それぞれ事前予約が必要です。
 見学は個人・団体(5名まで)の申し込みを受け付けております。
 小さな教会ですので団体は5名までとさせていただいており、大勢の団体はお断りさせていただいております。
 必ず見学ご希望日の一週間前までに【見学予約フォーム】での予約が必要ですので以下をよくお読み下さい。
 土曜日の10:00〜16:00を見学日としています。
 一日の見学者数を絞っておりますので、ご希望の見学日が適わないことがありますので、ご了承ください。
 見学可能日は当教会からの返信メールにて、幾つかの可能日をお伝えいたしますので、
 ご希望の見学日をお選びください。

 見学予約は【見学予約フォーム】により受け付けております。
 見学に関するご質問などは、すべて【お問い合わせフォーム】により受け付けております。

 電話は教会関係の方に優先的に使用いただくため、お電話での問い合わせは絶対にしないでください。
 また、当教会は事務員などはおりませんので、予約の申し込みには対応できません。
 必ずその週の木曜日までに予約の申し込み手続きを行ってください。

 見学予定日以外の見学はできません。
 なお駐車スペースはありません。
 近隣とのトラブルの原因となりますので、自家用車での来訪はお止めください。

【見学可能日時】

 見学予定日は土曜日の10:00から16:00までの間です。
 見学可能日は【見学予約フォーム】からご予約いただいた後、
 当教会からの返信メールにて、幾つかの可能日をお伝えいたしますので、ご希望の見学日をお選びください。
 また日曜日から金曜日までは、信徒のための諸行事がありますので見学はお断りします。

【見学日以外の見学について】

 見学日以外ならびに見学時間外のご見学は、当教会の信徒の祈りの生活を守るため、一律お断りしています。
 公平を期すためにも、見学日等の交渉には一切応じられません。
 何卒ご理解いただけますようお願いします。

【見学時の諸注意】

 ・建物の写真撮影は可能ですが、許可された範囲をお守りください。
 ・三脚を使用しての撮影は禁止です。(他の見学者への配慮とガラス破損事故防止のためですのでお守りください。)
 ・備品には触れないで下さい。
 ・こちらは見学施設ではなく、教会で「祈り」の場です。
  近隣への配慮のためにも、敷地内でくれぐれも大声で話されたりしませんようお願いいたします。
 ・服装は自由です。

日曜日(主日)の礼拝出席を希望される場合

 礼拝出席をご希望の方、礼拝にご関心をお持ちの方には、クリスチャンはもちろん、一般の方々にも、主日の礼拝は開かれております。
 ただし、収容人数に限りがあり、同時に、静寂の内に礼拝が執り行われる必要があるため、個人での参列をお願いしております。
 従って礼拝中の入退室はご遠慮ください。

【礼拝出席の際の諸注意】

 ・礼拝に参加される方は、集会案内をご一読ください。
 ・服装は、人前に出るのに失礼ではない範囲でしたら自由で構いません。
 ・日曜日午前中は、電話問い合わせを絶対にしないで下さい。
 ・駐車スペースはありません。近隣とのトラブルの原因となりますので、自家用車での来訪はお止め下さい。

プロジェクトデータ

 敷地:神奈川県横浜市戸塚区
 設計期間:2012.9-2013.11
 施工期間:2013.12-2015.1
 意匠設計:平田晃久建築設計事務所(平田晃久、外木裕子、荒井亮蔵)
 構造設計:ARUP(金田充弘、西澤秀樹、藤原圭吾、高松謙伍)
 照明設計:岡安泉照明設計事務所(岡安泉、杉尾篤)
 テキスタイル:安東陽子デザイン(安東陽子、山口かすみ)
 施工者:大原工務所
 敷地面積:172.26m2
 建築面積:85.25m2
 延床面積:114.57m2
 用途:教会
 構成:地上2階
 最高高さ:7.971m
 構造:鉄骨造
 竣工写真 撮影:阿野太一(Daici Ano)